若保健師 日記

行政保健師/保健師の社会的認知度をあげます!日々、感じたことを思うままに.

衝撃の再会

おはようございます。寝坊してしまい、朝のゴミ出しに間に合いませんでした、若保健師です。

 

 

 

f:id:hokenshi-innovation:20171111101311j:plain

心はブルー

 

 

 

 

 

昨日は、地区担当であるご高齢の方が

警察に保護された対応の関係で、とある精神科病院へ行きました。

 

 

 

そこは、私がなーんと大学の精神看護の実習で

お世話になった病院でした。

 

 

結局、対応した方はそのまま入院へ。

 

 

 

 

病棟に行くと

なんと、、、

 

 

 

 

そこには私が実習の時に受け持っていた患者さんが。。。

 

 

私が受け持っていた当時は、症状も安定しており

退院のために何度か家へ帰る練習もしていました。

 

 

 

 

おそらく無事に退院をし、自宅に戻ったが

結局、再燃しちゃったんだなあ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

この人、保健師がちゃんと把握しているケースなのかなあ、、、

 

 

 

 

把握しているとして関わっているとしたら

なんでまたこのような状態になったのかな?

 

 

 

 

 

実習のとき、保健師さんの有無とか多分、

確認してなかったよね、自分????

(おい!そこ重要!!と気づく)

 

 

 

 

 

 

 

保健師になって、実習で受け持った患者さんとの再会は、

1.精神疾患を持つ人の支援は難しいということ

2.そもそも行政側が把握できているのか?というところで

病院ー地域へのつなぎ がまだまだなんじゃないか…

 

 

と感じた次第です。

 

 

 

 

 

 

これから映画を見に行きます。。。